あんくる日記

「あんくる日記」の有益情報をお届け!

あんくる日記.com

アフィリエイトからネットビジネス、団塊オヤジあんくるの迷走。

ブログランキング【くつろぐ】 人気ブログランキングへ 今なら無料プレゼント中「ヤフオク教材セットの無料プレゼントキャンペーン」
2011年12月29日

フラーレンナノウィスカーは超電導体材料


「軽くてフレシキブルな超電導材料」なのだ。

フラーレンとは炭素の同位体のこと。
それが形成するひげ結晶のことを「フラーレンナノウィスカー」という。

フラーレンはグラファイト(黒鉛)・ダイヤモンドに次ぐ第三の炭素の総称で、
黒鉛中の炭素と同じ種類で60個以上の炭素原子が球状に強く結合してる。

ナノとは分子くらいの大きさの単位。
1NM(ナノメートル)=10億分の1メートル。

フラーレンナノウィスカーは、ひも状の(ひげ)結晶で簡単に合成、回収、リサイクルが可能です。

それを物質・材料研究機構(NIMS)は12月27日、フラーレンナノウィスカの超伝導化に成功したことを発表した。



従来の超伝導物質、特に超伝導転移温度の比較的高いものは、
主として金属間化合物やセラミックスであり、重量が大きく硬い材料が多かった。

今回の研究はフラーレンから合成できるナノサイズの糸状物質であるフラーレンナノウィスカに、
カリウムを添加し熱処理を施すことにより、超伝導を発現させることに成功したというもの。

これまで、フラーレンは全体を超伝導体にすることが難しかった。

また、ありふれた元素でできた軽くてしなやかな炭素材料が主原料であり束ねて糸状、
さらには布状など、多様な形状に容易に加工することもできる。

従来の超伝導体の概念とは異なる「軽くてフレキシブルな超伝導材料」が可能になった。

送電線の材料にピッタリではないか。電力ロスも少なく軽くて丈夫だ。
新たなリニアモーターにも応用できそうだ。

風力発電などにも応用すれば、かなりの効率化が期待できる。

原子力に金を使うなら、こちらのほうが余程良い。

電力会社も本気でスマートグリッドを考えた方が良い。
既に考えてるだろうが、加速させたほうが良い。

送配電網とそのシステムと蓄電装置が要になる


60個以上の炭素原子が球状に結びついている。
フラーレンは航空機の機体に使われるほど軽くて丈夫。

また、HIVウィルスの抗薬としても、美容健康分野でも、様々な使い道があるようだ。

ナノウィスカー3.JPG
2011年08月16日

2011年の8月15日


今年もやってきました。

毎年、この日には自身の考えを改めて考え直す日にしてる。

最近はテレビで第二次世界大戦やら、東京裁判などを特集してる。

66年経った現在から見ると、なんともバカげた事と考えられるが、当時の流れに歯止めが掛からなかった事が悔やまれる。

長い鎖国から、幕末の大政奉還、明治政府ができ、西南戦争を経て日本が統一された事は幸運であったのだが・・・。

満洲事変で清国と戦争、その後朝鮮半島をめぐり、ロシアと戦争する。

この日清、日露戦争は戦略的な見通しのないままに、成り行き的な戦いであった。

この戦争の結果が、後の第二次世界大戦(太平洋戦争)に繋がる。

韓国の人が、あれほど竹島問題に大騒ぎするのは、
日露戦争のバルチック艦隊を迎え撃つ重要な島で、、
韓国が日本の保護国となった戦争だからかもしれない。

竹島を日本が一方的に占領したと思い、保護国、後に併合されたから特に神経質になるのか。

もともと、岩だらけの無人島であるのに、
あれほど大騒ぎする理由が、単に民族的感覚の違いだけでは説明できない。

そのことは、頭に入れておいたほうが良いと思う。

伊藤博文が暗殺されたことは返す返す残念だ。

国際事情に通じ、平和主義者で韓国併合に最後まで反対していた人だから。

当時の国際社会は西洋列強と呼ばれる国々が植民地支配していた。

日本がそうして何が悪い?という考えもあったかも知れない。

資源を求めて、止むに止まれず、という思いもあっただろう。

我々は搾取するのではない、大東亜共栄圏という大きな目標の為に戦争したのだ、という意見もある。

もちろん、そういう想いも少しはあったであろう。

当時の日本国民の熱狂的な高揚感のもと、戦争を決断し、ずるずると拡大していったトップの見識の無さを責めたい。

調子の良いこと、耳に心地よいことだけでは間違う。

と言っても、何事も卑屈になり自虐するだけでは希望はない。

日本が虐殺した事実を受け止め、この先の日本の、世界の平和に貢献する気概が必要な時期である。

広島原爆の碑文

「安らかに眠って下さい 過ちは繰り返しませぬから」
誰がどうした、とは書いてない。
戦争という悲惨さを繰り返さないと誓っている。

アメリカの少し前の国防長官が「日本が良い例だ」と言った言葉を思い出す。

イラク派兵のときであったと思うが、だから専制者を倒すのだと言っていた。

えらいのは日本なのです、と言いたかった。

あれほど、ピタリと停戦した国がエライのです。
昭和天皇の言葉でもって。

原爆を二度も、非戦闘員を一瞬で14万人も、アウシュビッツとどう違うのかな?

なんてことは、言わないほうが良い^^;

今年は特に、東日本大震災があり福島の原発事故で二重の大変な自体を招いた。

対応の悪さや、政治、役所の遅さ自分勝手さは怒りを覚えるが、嘆いていても始まらない。

戦後66年経ち組織や古いトップの人のイノベーション(改革)が必要な時期になってきてる。

キレイ事、抜きでは決して良くならないのだ。

政治家、官僚、電力会社のTOPの人たちには猛省をお願いしたい。

日本の為、世界のために今こそ思い切る時です。

「ヒロシマ アーカイブ」⇐残してゆきたい映像です。
タグ:終戦記念日
posted at 00:05
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:2011年の8月15日
2011年07月22日

原発の再稼動 脱?反?


日本のエネルギーの方向性って何でしょう。

反原発は昔からありました。
脱(縮)原発は今回の事故で大きく取り上げられてます。
原発推進、再稼働は現在までの電力会社や官僚の方針です。

反原発は一切の原発に反対することです。

脱原発は徐々に原発依存を下げて、最終的に脱却することです。

原発推進は再稼働と最新技術の原発を旧来の原発と取り替える事。

ただエネルギーの問題を考えるにつけ、脱原発は仕方のない事と思う。
放射線は現在の技術ではコントロール不能です。

万が一の事故と廃棄物処理問題が大きすぎる。

福島の原発事故は、この先何十年も継続処理しなければなりません。
他の原発も同じで、止めても最低4〜5年はそのまま冷却が必要。

今回の事故で3月12日には、メルトダウンしていたのです。
東京電力は当然予想がついていたのに故意に隠していたように見える。

今回の震災が起こるまでは国が原発を推進してて、電力会社、産業界、金融界までその方向で動いていた。

でも今回の震災でその方向性を180度変える時がきました。

これは天の声と言うべきかもしれない。

脱原発で自然エネルギーへの転換をすべき時。

と言っても関西では電力の50%を原子力発電に頼ってる。
仮に原発が来年5月に全部停止して、果たして大丈夫なのか?

「気候ネットワーク」は現在の設備でも基本的に可能としています。
http://www.kikonet.org/research/archive/energyshift/report20110701.pdf

「電力が不足する」「大幅なコスト増で産業の国外流出が加速する」とかよく言われるが、不安を煽り原子力の必要性を謳っているにすぎない。

詳しくは上記PDFを見てもらえば分かるが、火力発電と企業の自家発電能力を合わせれば、十分な電力がある。

もちろん節電は必要であるが、原子力がなければ産業が成り立たないという論調は間違ってる。

厳しいながらも、原発が全部止まっても電力は足りる。


それに対して「日本エネルギー経済研究所」は危機的だと言っています。
http://eneken.ieej.or.jp/data/3880.pdf

原子力の再稼働がない場合12.4%の大幅節電が必要で、燃料価格上昇の可能性もある。
産業用の電力料金の上昇により、我が国の産業競争力の低下に繋がる。

エネルギーベストミックスの観点からも、原子力は安全性を向上した上での再稼働が喫緊の課題である。

と、主張しています。

さて、貴方はどちらを信用しますか??

私は脱原発に賛成します。
新たなエネルギーとシステムが産業を発展させると思います。
原子力に従事していた人々にも、新たな雇用が生まれます。

その為には、現在のエネルギー買取法案と発電、送配電の分離が必要。

それまでの繋ぎとして、電力に不安のある自治体は原発に変わるガスタービンによる発電を至急に作ればいい。

関西電力が不安だと言うなら、大阪市は大阪湾に500万KWのガスタービン発電所を作れば良い。

すでに東京都は東京湾にガスタービン発電所を作ると言っている。
大阪市と大阪府が共同で大阪湾に作ればいいじゃないか。

最初の頃、私は原発を再稼働させ徐々に自然エネルギーに転換すればいいと思っていたが、このままでは再稼働は難しいようだ。

それも、関西電力や九州電力のお粗末な対応のせいで無理になった。

やはり旧来の考え方で対応しようとした電力会社の間違いである。

あの福島の事故が起こった時点で、思い切った対処の仕方が必要でしたね。

今、電力会社に求めるのは、自ら進んでスマートグリッドの普及に突き進んでほしい。

関電も四国も中国も九州も思い切った方向転換を考えたほうがいい。

いつまでも原発に拘るとろくな事ない。

ただ、この先長い間、管理が必要になるのでお荷物ではあるが・・・

東芝はすでにスマートメーターの大手を買収したし、

ソフトバンクの孫社長はメガソーラー構想を言っている。

自然エネルギーとバッテリー(蓄電)の組み合わせは、
電気自動車の普及にも繋がり、CO2問題も改善される。

電力買取法案を睨んで、様々な企業が参入を目論んでる。

ソーラーパネルも最近はかなり効率がいい。20円/KW今までの半分だ

海洋エネルギー(洋上風力、潮流発電)は魚醤としても使える。

地熱発電は日本のお家芸だ。世界シェア70%ぐらい。

「オーランチオキトリウム」はオイルを作る藻です。
どこでも作れるのです。

天然ガス「メタンハイドレード」は日本近海にタップリある。
http://ameblo.jp/mk878/entry-10923316615.html

深海探査は日本が最先端なのです。「地球深部探査船ちきゅう」

上記様々な発電方法があり、全て買い取りになると、様々な企業が参入するし、ソーラーパネルなどは設置する業者も潤う。

一番ダメージを受けるのは電力会社なので、送電網から使用料を取り当初は電力会社に支払うのはどうだろう。

発電する企業は全て買い取ってもらうかわりに、送電使用料を払う。

ゆくゆくは、独立した送配電会社にし、スマートグリッドの管理、施工に専念する。

当然、安定化のための蓄電池とソフト(システム)とスマートメーターは不可欠だろう。

今の電力会社は発電部門と送配電部門に分割別会社にし、原子力は国が面倒をみる。

送配電会社が電力を全て買い取り、前の日記に書いたように、売買システム取引で料金を決める。

当然、より安い料金の電力から売れますが、需要の多い時期は高い電力も売れるでしょう。

不安定なエネルギーは蓄電池で安定化させ、緊急用電力はガスタービンに頼れば良い。

新たな電力マーケットの出現です。

発電担当の電力会社は、原子力以外のあらゆる発電に専念すれば良い。
遠くに発電所を作らなくても良いので送電ロスも減る。

最終的には、政府の補助金に頼らなくても良い買取電力マーケットになるだろう。

今の電力会社はそちらに全精力をつぎ込み、経産省の天下りは少なくし、給料も働きによって、知恵によって出せばいい。

原発は国が管理し、核分裂や核融合システムは研究として残せばいい。
まだ、核融合のほうが出来る物質がヘリウムだから無害でいい。

ただし、どちらも放射線は出す。

現在の原発のある自治体には優先的に国が、海洋エネルギーや地熱発電を設置、雇用を確保しつつ最終的には売却すれば良い。

大震災で金がないなら、災害復興にかかる費用は(30〜50兆円)は全額、日銀に引き受けさせればよい。

ただし、災害復興だけに限る。要は一万円札を大量に印刷するのだ。
円高も多少は落ち着くだろう。

ただし、その伏線として、今後、赤字国債は出さないこと。

その為に消費税をあげてもよいが、同時に国会議員数の削減と一票の格差解消と、官僚の人件費削減をしなければならない。

なんぼ議論しても、その覚悟がないと国民が納得しないでしょ。

年金と医療費の増大みれば、15〜20%の消費税は必要じゃないか?

政府、官僚、日銀は、そろそろ覚悟を決めなければならない。

これらをクリアできれば、安全保障や外交でも、平和を基軸に思い切った議論をすべし。

集団的自衛権は認めたらどうか?
その代わりに沖縄の米軍基地は縮小の方向で考える。

マネーサプライを10年で50兆円(災害)くらい増発し、
スマートグリッドによる再生可能エネルギーと電力買取システムの導入すれば新たな産業が発生します。

原子力と違い、参入しやすいのです。

蓄電池は電気自動車用に転用できるようにすれば、普及にも繋がります。

日本での生産が高すぎると思えば、海外に生産拠点をつくればいい。
空洞化だとばかり騒がなくていいのだ。

日本人として、日本に住む人間として、あの明治維新を成し遂げた国民として、今、新たな次元にきてるのではないかな。

難題山積なのは十分承知した上での覚悟が今こそ必要でしょう。
タグ:原発
posted at 19:26
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:エネルギー
エントリー:原発の再稼動 脱?反?
2011年06月14日

メタンハイドレート

次世代エネルギーのメタンハイドレートが日本を救う。

関西でも電力を15%節電しろとか言ってますねぇ。

独占企業が「お願いします」と言っても、これは強制的に聞こえます。

さっそく大阪府橋下知事が、噛み付きました。
考えてみれば、震災の影響を受けていない関西が一律15%削減は理解できない。

関西電力は原発依存度が50%と高いから、
それに対する危機感からの発言でしょうが、軽率だと思います。

はっきり言って、この先、原子力発電が主流になることはないです

今の、東京電力の対応を見れば、理解できるはずですね。

じゃ〜自然エネルギーで電力を賄えるのか、という疑問があります。

原発の減少分は火力で補いつつ、節電、バッテリー、電力網、スマートグリッドなどの技術革新が必要です。

日本には資源がないと言われてきましたが、日本近海にはメタンハイドレートが大量に存在します

これは、ずいぶん昔から言われてきたのですが、日本政府が原子力に力を偏重した結果、開発や技術革新が遅れていたのです。

今や太平洋側だけでなく。日本海側にも沢山ありそうなのです。

メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム↓↓
http://www.mh21japan.gr.jp/streaming/

既に技術的には、ほとんどクリアされているようで、産業としての生産手法だけの問題だ。

また青山千春さんが簡単な方法を発見しました。
魚群探知機を使ってメタンハイドレートを見つける方法なのです。

おまけに日本海側では、メタンハイドレートが密集した塊で、海底に露出、または浅い海底に眠っている。

「特許:海底資源探査方法」
日本、アメリカ、オーストラリア、韓国、中国の特許を取得済みです。

青山氏の為に言っておきますが、この特許は儲けるためのものではありますん。

青山千春氏のメタンハイドレート開発↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=aFyInzqhYps

LNG天然ガスが自分の領海内で取れるのです。

日本近海には大量にあります

日本がリーデングカンパニーとして、技術的にも最先端であるし、技術の輸出も可能です。

輸入に頼ることなく、大量の天然ガスが取れるのです。
その間に、自然エネルギーに力を入れれば問題ありません。

あと、有力なのは、オーランチオキトリウムという藻ですね^^

これはオイルの取れる藻なので、石油がいらなくなります。

posted at 19:24
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:エネルギー
エントリー:メタンハイドレート
2011年06月12日

寿命を延ばす遺伝子

寿命を延ばす遺伝子って知ってますか?

人は誰でも持っているのです。長寿遺伝子を。。

老化によって「ミトコンドリアが出す活性酸素」と「免疫細胞の暴走」が起きるのです。

その老化を遅らせる遺伝子をONにする方法があったのです。

その方法とは・・・・・



カロリーを30%制限することで、その遺伝子を活性化させることができるのです。

その名前は「サーチュイン遺伝子」という。

普段はほとんど眠ってる遺伝子だが、カロリー制限することで目覚め働き出す。

2000年にアメリカでサーチュイン遺伝子が発見され、現在様々な検証がなされている。

あらゆる生物が、この遺伝子を持っていて、これが働けば老化を防ぎ細胞を若々しく保つ。

カロリー制限を7週間続けるだけで、サーチュインが格段に増える。

ただし、栄養バランスはちゃんと考えなければなりません。

が、、もちろんカロリー制限を止めれば当然サーチュインは増えません^^;


そんなの無理という貴女に、レスベラトロールというサプリがあります。



まだ、はっきりとした効果が検証されていませんが、カロリー制限なんて無理って人は試してみれば?

平均寿命が120歳になれば60歳になってから第二の人生が始まる。

生き方、社会が変わるね^^

60歳は爺だ、なんて言わせない。

うんうん。
第二の人生がはじまるのだ。^^

posted at 23:03
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:寿命を延ばす遺伝子