スマートメーター

「スマートメーター」の有益情報をお届け!

あんくる日記

アフィリエイトからネットビジネス、団塊オヤジあんくるの迷走。

ブログランキング【くつろぐ】 人気ブログランキングへ 今なら無料プレゼント中「ヤフオク教材セットの無料プレゼントキャンペーン」
2011年05月10日

スマートメーター

スマートメーター
スマートメーター(次世代電力計)製造大手のランディス・ギア社を、東芝が買収に乗り出した。


今後、スマートグリッド(次世代電力網)を作り上げていく上で、スマートメーターは要となる。

スマートメーター1.JPG

UAE(アラブ首長国連合)での会議では、再生可能エネルギーが全体の77%を占める可能性を示した。

世界でも改めて再生可能エネルギーに対する期待が高まってる。

スマートメーターとは、電力メーターに数十〜100m程度の近距離無線機能を組み込んで,
エアコンや照明,温度計,セキュリティー機器といった家庭や事業所内の設備系機器を接続し管理する。

こうして,電力メーターを介して機器の稼動状況などをネットワーク経由で電力会社が管理するというもの。

スマートメーター2.JPG

電力不足というのは絶対的なものではない。

需要のピーク時を、いかに抑えるかで不足は解消できる。
そのためには、末端の使用者のもとに、賢いスマートメーター設置が必要です。

場合によっては、電力会社がそれをコントロールすればいい。

また消費するだけでなく、電力を作り出しそれを売る(売電)といったことも可能だ。

太陽光、はじめ様々な方法がある。
小型風力、小規模水力、揚力、海洋、バイオマス・・・また、オーランチオキトリウムといった藻を作っても良い。
休耕田を活用したり、塩害にあった場所で一時的に作っても良いし、海でも作れる。

トウモロコシから燃料を作るより、よほど良い。

原子力を止めることで、違う産業が育つのです。
一度に大きな電力は作れませんが、それぞれの地域に見合った方法が可能です。

今まで、原子力に大きく体重をかけていた東芝が、今回の買収に乗り出したということは、事業転換を見据えてのことだろう。

何ども言うが、今すぐ原子力発電を全て止めるのは現実的じゃないが、
放射線をコントロールできない限り、未来の展望はない。


posted at 08:21
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:社会 経済
エントリー:スマートメーター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック