伊丹副首都

「伊丹副首都」の有益情報をお届け!

あんくる日記

アフィリエイトからネットビジネス、団塊オヤジあんくるの迷走。

ブログランキング【くつろぐ】 人気ブログランキングへ 今なら無料プレゼント中「ヤフオク教材セットの無料プレゼントキャンペーン」
2011年06月12日

伊丹副首都

伊丹副首都とは?

伊丹空港の廃止を最初に唱えたのは橋下知事だった。

当時の国交大臣は「素人の案」と鼻で笑われてたが、深い読みがあった。

大震災が起きたせいでもあるが、いまや副首都の最有力候補だ。

国会議事堂の半径1キロ内に、首相官邸、財務省、外務省、警視庁、最高裁、アメリカ大使館がある。

もしもの時には日本の首都機能がマヒする。

石原都知事は、もともと首都機能移転反対であったが、民主党の石井一議員の仲介で、橋下知事と話し合うようだ。

東京と名古屋、大阪が時速500キロのリニアで結ばれる。
所要時間、約65分だ。飛行機より早い。

伊丹〜羽田間は激減するだろうし、堺筋線の地下鉄が大阪〜関空間を約30分で結ばれる。
東京羽田と関西空港の2大ハブ空港化は十分可能。

伊丹空港跡地は広大です。大阪、神戸、京都に近い。

危機管理都市(副首都)には最適な場所であるし、インフラもかなり整備されている。

関西のためにも日本の為にも、東北の復興と同様、早急に話を進めてほしい。

橋下知事は、大阪府の財政再建に、3年でめどをつけた。

彼はパフォーマンスに過ぎるとか言われてるが、実によく考えている。

「大阪都構想」も将来を見据えた戦略がある。

それと、マネジメントの考えができる。
役所で一番足りないのは、マネジメント能力なのです。

かのドラッカーも言ってる。役所も組織です。
イノベーションのできない組織は陳腐化する。

自分たちが努力しないでも収入があるのだから、自分で稼ぐという考え方ができない。

役人の一番の欠点だ。
地域住民のサービスと広域の戦略、二つ必要なのです。

前の日記で、夢の語れない政治家はダメだと言った。

夢とは希望であり課題である。

課題を語れない、希望を語れない人にリーダーシップはない。

大阪維新の会は府議会の過半数を占め、少し前に議員定数を21減らし88になった。

国会議員は定数を何時から減らすと言っていたっけ?

一票の格差は最高裁で違憲状態であると、いつから言われてる??

私たちは政権交代に何を期待したと思う???

もちろん、良いことばかりじゃないのは百も承知。

相当な抵抗があるのも分かる。
実際、大阪では喧々諤々のやり取りがあった。

YouTubeで「橋下知事(はしもと)」で検索すればいい。

いっぱい出てくる^^

大阪都、中京都、東京都、この三つの都市連携を始めとした日本再生が、東北、福島の災害復興に大きな役割を果たすと思う。

私は橋下徹知事を応援します。ガンバ!!
タグ:副首都
posted at 16:57
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:政治経済
エントリー:伊丹副首都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック