2011年の8月15日

「2011年の8月15日」の有益情報をお届け!

あんくる日記

アフィリエイトからネットビジネス、団塊オヤジあんくるの迷走。

ブログランキング【くつろぐ】 人気ブログランキングへ 今なら無料プレゼント中「ヤフオク教材セットの無料プレゼントキャンペーン」
2011年08月16日

2011年の8月15日


今年もやってきました。

毎年、この日には自身の考えを改めて考え直す日にしてる。

最近はテレビで第二次世界大戦やら、東京裁判などを特集してる。

66年経った現在から見ると、なんともバカげた事と考えられるが、当時の流れに歯止めが掛からなかった事が悔やまれる。

長い鎖国から、幕末の大政奉還、明治政府ができ、西南戦争を経て日本が統一された事は幸運であったのだが・・・。

満洲事変で清国と戦争、その後朝鮮半島をめぐり、ロシアと戦争する。

この日清、日露戦争は戦略的な見通しのないままに、成り行き的な戦いであった。

この戦争の結果が、後の第二次世界大戦(太平洋戦争)に繋がる。

韓国の人が、あれほど竹島問題に大騒ぎするのは、
日露戦争のバルチック艦隊を迎え撃つ重要な島で、、
韓国が日本の保護国となった戦争だからかもしれない。

竹島を日本が一方的に占領したと思い、保護国、後に併合されたから特に神経質になるのか。

もともと、岩だらけの無人島であるのに、
あれほど大騒ぎする理由が、単に民族的感覚の違いだけでは説明できない。

そのことは、頭に入れておいたほうが良いと思う。

伊藤博文が暗殺されたことは返す返す残念だ。

国際事情に通じ、平和主義者で韓国併合に最後まで反対していた人だから。

当時の国際社会は西洋列強と呼ばれる国々が植民地支配していた。

日本がそうして何が悪い?という考えもあったかも知れない。

資源を求めて、止むに止まれず、という思いもあっただろう。

我々は搾取するのではない、大東亜共栄圏という大きな目標の為に戦争したのだ、という意見もある。

もちろん、そういう想いも少しはあったであろう。

当時の日本国民の熱狂的な高揚感のもと、戦争を決断し、ずるずると拡大していったトップの見識の無さを責めたい。

調子の良いこと、耳に心地よいことだけでは間違う。

と言っても、何事も卑屈になり自虐するだけでは希望はない。

日本が虐殺した事実を受け止め、この先の日本の、世界の平和に貢献する気概が必要な時期である。

広島原爆の碑文

「安らかに眠って下さい 過ちは繰り返しませぬから」
誰がどうした、とは書いてない。
戦争という悲惨さを繰り返さないと誓っている。

アメリカの少し前の国防長官が「日本が良い例だ」と言った言葉を思い出す。

イラク派兵のときであったと思うが、だから専制者を倒すのだと言っていた。

えらいのは日本なのです、と言いたかった。

あれほど、ピタリと停戦した国がエライのです。
昭和天皇の言葉でもって。

原爆を二度も、非戦闘員を一瞬で14万人も、アウシュビッツとどう違うのかな?

なんてことは、言わないほうが良い^^;

今年は特に、東日本大震災があり福島の原発事故で二重の大変な自体を招いた。

対応の悪さや、政治、役所の遅さ自分勝手さは怒りを覚えるが、嘆いていても始まらない。

戦後66年経ち組織や古いトップの人のイノベーション(改革)が必要な時期になってきてる。

キレイ事、抜きでは決して良くならないのだ。

政治家、官僚、電力会社のTOPの人たちには猛省をお願いしたい。

日本の為、世界のために今こそ思い切る時です。

「ヒロシマ アーカイブ」⇐残してゆきたい映像です。
タグ:終戦記念日
posted at 00:05
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:2011年の8月15日
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック