エネルギー

「エネルギー」の有益情報をお届け!

あんくる日記

アフィリエイトからネットビジネス、団塊オヤジあんくるの迷走。

ブログランキング【くつろぐ】 人気ブログランキングへ 今なら無料プレゼント中「ヤフオク教材セットの無料プレゼントキャンペーン」
2011年05月23日

エネルギー問題3


東芝が、スマートメーター(次世代電力計)製造大手のランディス・ギア社を、1800億円で買収したようです。

前に書きましたが、スマートメーターはスマートグリッド網の構築上、不可欠なメーターです。

スマートメーターとは
http://ameblo.jp/mk878/entry-10887141398.html

スマートグリッドとは
http://ameblo.jp/mk878/entry-10859296400.html

発電と送電とを区別するのです。
で、発電事業に民間を入れて開放するのです。

別に最近の話ではなく、4〜5年前には経産省においても考えられています。

今までは、10の電力会社が国の支援のもと独占してきたのです。
ですから、スマートグリッドに消極的だったのです。

発電事業を独占できなくなるからです。

また、国は去年、原子力発電に舵を切ったばかりですしね。

ですから、エネルギーに関して、
今回の事故で首相が見直しをしたことは、正しいことなのです。

自然エネルギーは当てにならない、という声を良く聞きます。

もちろん原子力のように、一基で100万KWという発電はできません。
しかし、民間の産業の活性化や、環境や自然に対してとても良い。

既に、東芝のように沢山の企業が動いていますし、新たなベンチャーも期待できそうです。
原子力と違って、産業の裾野が広いし、将来の輸出産業にもなります。

なぜなら、日本の得意分野だからです。

何度でも言います。今こそ再生可能エネルギーを、国あげて推進するべきです。

ただし、今すぐに原子力を全て中止はできません。

それに、今、停止しても、最低でも5〜6年はその場で冷やし続けなければなりません。

浜岡原発の停止は、もしものとき、東京や横須賀の第七艦隊に大きなダメージを与えるからでしょう。

その件でアメリカの圧力があってもいいでしょう。

問題はそれ以外の原発をどうするのか。

どうするも、こうするも、全て止めると電力が不足しますよ。
だから、電源確保など安全対策をした上で、再開するしかありません。

そして、早急に再生可能エネルギーの開発に注力すべし。
既に、その種はいくらでもある。

太陽光発電も進化してる。SSI社のように。
http://ameblo.jp/mk878/entry-10889828232.html

地熱発電は日本のお家芸だ。ジオパワーシステム。
http://www.geo-power.co.jp/

世界の地熱発電の75%は日本製なのに、日本では全く進んでない。
おかしくないか???

海洋国家の日本じゃ、海洋温度差発電(OPOTEC)も大きい。
http://www.geo-power.co.jp/

水利権の問題はクリアせねばならないが。

小水力利用の発電方法。全国の川や下水、上水、ビル、あらゆる場所で可能です。
http://j-water.jp/hmc/05%20Reference.html#No%206

波力発電は、神戸大学と兵庫県の企業が試作機を稼動しており、実用化にメドがついてます。
http://scienceplus2ch.blog108.fc2.com/blog-entry-798.html

海流、潮流発電のベンチャー企業です。(株)ノヴァエネルギー
http://scienceplus2ch.blog108.fc2.com/blog-entry-798.html

またオーランチオキトリウムってオイルを作る藻がある。
トウモロコシから燃料を得る方法より、よっぽどいい。
http://scienceplus2ch.blog108.fc2.com/blog-entry-798.html

森林国家でもある日本じゃ忘れてはいけないバイオマス。
バイオマス発電の仕組みはコチラから。
http://www.nef.or.jp/what/whats04-1.html

まだまだ他にも一杯あるだろう。

ソフトバンクの孫社長が、自然エネルギー財団を作った。
http://news.livedoor.com/article/detail/5514784/

「知って行動せざるは罪である」←と言い放った。ガンバレ!!

池田さんにあんな言い方されて、黙ってないでよね。^^
http://agora-web.jp/archives/1312035.html

意気込みだけでは無理なのは承知の上です。
ただ、そもそも原子力発電は本当にコスト的に安いのか?
それは、甚だ疑問って言うより誤魔化しです。

自然エネルギーは所詮、お遊びだと思ってる方々に夢はない。

本気でやるんだという意気込みがあるなら十分だ。

もうすぐ、そこまできてる。

posted at 17:08
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:エネルギー
エントリー:エネルギー問題3
2011年05月15日

エネルギー問題2

エネルギー問題2
菅首相がこの間、浜岡原発停止要請をだし稼働中も停止した。

その影響で現在点検中の原発の再稼働までもが見通しが立たない。
すると、中部だけじゃなく、関西電力までもが電力供給に余裕がなくなる。

単純な話で、現実の発電量を考えれば原子力を全部止めるわけにはいかない。

では、点検の終了した原発は安全性を再度チェックした後、再稼働するしかない。

何を議論する必要があるのだろうか?

日本の取るべき道は、既に、はっきりしてるでしょ。
それをハッキリ示さないから反対するのだろう。

それまでの繋ぎとして、現在稼働中及び点検中の原子力発電の意義がある。

将来的には、廃炉にし、廃棄物を安全に管理する方向しかない。
完全に放射線がなくなるには10万年かかるそうです。
原子力発電の何義なところで放射線をコントロールできないのです。


電力は、発電と送電を分け、新規発電を認め競争しながら、技術の革新によりコストを下げる。

これは、東京電力圏内だけじゃなく、全国的な問題で今までタブー視されてきた。

NTTが民営化され、ソフトバンクやら沢山の会社が大きく伸びた。

NTT回線を使うことで、様々なサービスが増え、産業も活性化した。

電力も同じです。
スマートグリッドをできるだけ早く構築する。
http://ameblo.jp/mk878/entry-10859296400.html

スマートメーターを設置し、個人の家庭でも、自分が今どれだけの電力を使ってるかを把握する。

http://ameblo.jp/mk878/entry-10887141398.html

太陽光発電も進化してる。SSI社のように。
http://ameblo.jp/mk878/entry-10889828232.html

地熱発電は日本のお家芸だ。ジオパワーシステム。
http://www.geo-power.co.jp/

海洋国家の日本じゃ、海洋温度差発電(OPOTEC)も大きい。
http://www.opotec.jp/japanese/index.html

小水力利用の発電方法。全国の川や下水、上水、ビル、あらゆる場所で可能です。↓↓
http://j-water.jp/hmc/05%20Reference.html#No%206

神戸大学と兵庫県の企業が試作機を稼動しており、実用化にメドがついてます。

http://scienceplus2ch.blog108.fc2.com/blog-entry-798.html

海流、潮流発電のベンチャー企業です。(株)ノヴァエネルギー
http://www.nova-ene.co.jp/nature-energy/current2.html

オーランチオキトリウムってオイルを作る藻がある。
http://ameblo.jp/mk878/entry-10872922047.html

森林国家でもある日本じゃ忘れてはいけないバイオマス。
バイオマス発電の仕組み↓↓
http://www.nef.or.jp/what/whats04-1.html

上記さまざまな方法があり、技術も人材も資源さえ日本には豊富にある。

また、産業的に考えてもメリットは十二分にある。
国のエネルギー予算の少なくとも半分はこれに向けるべき。

また必要な法整備は、場合によっては特区を作ってもいいし、今からでも遅くないから災害非常事態宣言すれはいい。

福島原発の処理問題は十分それに値する。

被災地の自治体が困窮してる今、国が人的支援含めてバックアップしないと、金だけ出しても動かないよ。

政治家、官僚の皆さんの力に期待したい。
権力争いしてる場合じゃない。前例がないのは当たり前です。
posted at 15:15
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:エネルギー
エントリー:エネルギー問題2
2011年05月12日

スマートソーラーインターナショナル

スマートソーラーインターナショナル
スマートソーラーインターナショナル(株)が、
被災地である宮城県大崎市に移転し、集光型太陽光発電装置の製造を開始すると発表した。

SSI(2009年8月設立)とは東大発のベンチャー企業で、
富田孝司社長は、シャープのソーラーシステム事業本部長、常務など東北大客員教授(2007・2008年)との経歴を持ち、
業界内で「ミスター・ソーラー」と呼ばれている。

同氏は2010年4月に、「科学技術振興機構イノベーションプラザ宮城」(仙台市)
に研究開発拠点を設置し、材質に関して東北大学との共同研究を進めていた。

SSI社の太陽光発電システムは、独自技術により、
 1)高い変換効率
 2)レアメタルに依存しない
 3)太陽を追尾する集光ミラーを導入
 4)集光に伴う温度上昇を抑制する冷却機構を採用

 といった特徴を備えており、発電コストは20円/kWh(既存の結晶シリコン太陽電池モジュールの半分)を実現している

現在のところ世界最高水準の能力で、価格は一個5〜6万円を予定してる。

また被災地での新規事業であるのと、同社の製品の機能、コストの優位性が大きいために注目されている。

http://smart-solar-inc.com/mainjapan
ソーラー1.JPG